ヒロシマの夏

a0074487_14525559.jpg

昨日、博多からの帰り、娘と一緒に広島で途中下車しました。
広島は、就職して初めて勤務した思い出の地。
今回は、当時職場でお世話になった方たちに久しぶりにお会いしました。
一人の方とは8年ほど前に一度お会いしたことがあるけど、あとのお二人とは約20年ぶりの再会。
太ったしわかっていただけるか不安でしたが、変わってないと言われました。お世辞かな?
私より娘の方が当時の私の年齢に近いんだものね(^^;

3人とも私にとっては親世代の方で、戦争、原爆を体験されています。
娘が広島は初めてだということで、原爆ドーム、平和公園、原爆資料館を案内してくださいました。
実際に体験されている方の話を聞くと、展示されている品々から亡くなった方の姿が生々しく浮かんできます。

「この子は私の学校の後輩じゃわ」(女子中学生の遺髪を見て)
「この影、もっとはっきりしとったけど薄うなったな」
 (銀行の石段に焼きついた人の影を見て)
「この川に遺体が一杯浮いとったんを引き上げて灯油をかけて焼いたんじゃ」
「皮膚が壊死するから、ハエが寄って来て蛆がわいてな。」
「職場で生き残ったんは10人だけじゃったけど、それも髪の毛が抜けた言うては次々亡くなってな」

そして、「これが全部人間のしたことじゃけぇ」と…

ボソッとつぶやかれたこの言葉に愕然としました。
人間がしたこと!
そう、これは地震や津波ではない、人間がしたことなんだ…!

「戦争で原爆をつこうたら(使ったら)いけん。
いや、戦争はしちゃあいけん。」とも…

娘にとって、貴重なヒロシマ体験になったと思います。

「100才までは生きるから」と色んなことに挑戦し続けている元上司の80才の方の姿に勇気づけられました。
病気されたけど、頑張ってリハビリや摂生に努めて、要介護2から1になって、今は要支援になるよう頑張っているそうです。
私も負けないように頑張らなきゃ(^-^)v

SMAPのおかげで広島に行けてよかった!
有意義な旅でした。
[PR]
by smappe02 | 2006-08-23 16:45 | 日記

娘の悪性リンパ腫の治療が終わって5年、今度は私が紡錘細胞癌という特殊型の乳がんに… 色んなことがあるけれど、あっけらかんと能天気に生きています。 たくさんの素敵な出会いに感謝!!


by smappe02
プロフィールを見る
画像一覧